2010年05月29日

<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県が殺処分の回避を要望していた種牛49頭について、東国原英夫知事は27日、「当然手順を追ってやらなければならない」と述べ、国の殺処分方針に従う考えを初めて示した。

 県庁で記者団から問われた東国原知事は、感染力が強い豚約7万頭の殺処分と埋却を優先し、その後49頭の問題に対応する考えを示した。一方で「日本畜産界の宝だから残してほしいと多くの方が思っている。私も個人的な感情としては残したい」と語った。

 49頭は県家畜改良事業団で飼育され、伝説の種牛「安平」や次世代の種牛。今のところ口蹄疫の症状は見られていない。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ
口蹄疫:農家への補償始まる 「概算払い」で
口蹄疫:ワクチン接種99.5%終了
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除

口蹄疫移動制限、えびの市で解除に向け感染検査(読売新聞)
<水戸黄門>新シリーズに雛形あきこさんをレギュラー起用(毎日新聞)
哨戒艦事件、安保会議で協議へ=鳩山首相、万全の対応指示(時事通信)
日航、稲盛会長の経営塾優遇を撤回(時事通信)
<イオン>「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
posted by マツカワ コウイチ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。