2010年02月03日

民主可視化議連が設立総会 「司法の民主化には取り調べも含まれる」(産経新聞)

 民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長・川内博史衆院国土交通委員長)は28日、国会内で設立総会を開いた。容疑者取り調べの可視化(全面的な録音・録画)実現に向けた活動方針を協議するとともに、取り調べの在り方に関し冤罪(えんざい)事件関係者と意見交換した。

 川内氏は「司法の民主化には取り調べも含まれる。可視化するため、刑事訴訟法改正案を何としても今国会に内閣提出法案として出し、成立させたい」とあいさつ。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で可視化の実現を掲げている。

【関連記事】
「捜査への挑戦」可視化法案で大島氏
可視化法案 許されない検察への圧力
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
民主党、可視化法案の今国会提出を検討
【News解説】取り調べ「可視化」の流れ加速

捜査員を香港へ派遣 銀座の時計窃盗で警視庁(産経新聞)
長期化で裁判員裁判審理は困難 替え玉殺人中国人妻に無期(産経新聞)
米軍機の部品落下 民家直撃、けが人なし(産経新聞)
「刑事責任問われれば責任重い」会見で小沢氏(読売新聞)
携帯充電器マルチで逮捕=虚偽説明で解約妨害容疑−大阪府警(時事通信)
posted by マツカワ コウイチ at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。