2010年05月19日

不同意堕胎 警視庁 「知りません」否認(産経新聞)

 妊娠した交際相手に「ビタミン剤」と偽り子宮収縮剤の錠剤を投薬して流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、不同意堕胎の疑いで、東京慈恵会医大病院の医師で現在は金沢大病院に勤める小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=を逮捕した。捜査1課によると、小林容疑者は「知りません」と否認しているという。同課は小林容疑者の自宅を家宅捜索し、子宮収縮剤の入手ルートの解明を進める。

 捜査関係者によると、小林容疑者は当時、東京慈恵会医大病院に勤務し、女性は同僚の看護師。小林容疑者は現在、金沢大病院に出向している。

 逮捕容疑は、当時交際していた都内在住の30代前半の女性が妊娠したことを知り、平成21年1月上旬、女性の自宅で、女性に「ビタミン剤」と称して子宮収縮剤の錠剤を飲ませたうえ、同月中旬には点滴して、女性の同意を得ずに堕胎させたとしている。

 女性は当時、妊娠6週目で、出産するつもりだったが、小林容疑者は妊娠判明時、すでに別の女性と結婚していた。女性の自宅には子宮収縮剤の錠剤や使用後のパックが残っていた。

 女性が堕胎後に病院で診察を受けた際、治療用の子宮収縮剤が小林容疑者から受け取ったものと同じだったことから犯行が発覚。女性は昨年末に警視庁に相談していた。

温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)
<羽田空港>新滑走路10月21日供用開始 前原国交相発表(毎日新聞)
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)
27日に全国知事会議=鳩山首相出席、普天間問題で(時事通信)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
posted by マツカワ コウイチ at 01:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。