2010年02月03日

民主可視化議連が設立総会 「司法の民主化には取り調べも含まれる」(産経新聞)

 民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長・川内博史衆院国土交通委員長)は28日、国会内で設立総会を開いた。容疑者取り調べの可視化(全面的な録音・録画)実現に向けた活動方針を協議するとともに、取り調べの在り方に関し冤罪(えんざい)事件関係者と意見交換した。

 川内氏は「司法の民主化には取り調べも含まれる。可視化するため、刑事訴訟法改正案を何としても今国会に内閣提出法案として出し、成立させたい」とあいさつ。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で可視化の実現を掲げている。

【関連記事】
「捜査への挑戦」可視化法案で大島氏
可視化法案 許されない検察への圧力
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
民主党、可視化法案の今国会提出を検討
【News解説】取り調べ「可視化」の流れ加速

捜査員を香港へ派遣 銀座の時計窃盗で警視庁(産経新聞)
長期化で裁判員裁判審理は困難 替え玉殺人中国人妻に無期(産経新聞)
米軍機の部品落下 民家直撃、けが人なし(産経新聞)
「刑事責任問われれば責任重い」会見で小沢氏(読売新聞)
携帯充電器マルチで逮捕=虚偽説明で解約妨害容疑−大阪府警(時事通信)
posted by マツカワ コウイチ at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀井金融相「神戸の少年ではないが純ちゃんは郵政を切り刻んだ」(産経新聞)

 亀井静香郵政改革・金融相は29日の記者会見で、参院予算委員会でヤジに対して「うるさい」と怒鳴ったことについて、「うるさいからうるさいと言っただけの話だ」と開き直った。

 鳩山由紀夫首相が自制を促した28日の臨時閣僚懇談会についても、「注意のためじゃなくて、打ち合わせ」と悪びれずに語った。

 一方、民主党の平田健二参院国対委員長は29日の会見で、閣僚のヤジに関し「野党気分が抜けないんだねえ、閣僚の皆さん。嘆かわしいわ、ホント」と、こぼした。だが、亀井氏の“不規則発言”はとどまるところを知らず、29日の雑誌など向けの記者会見では、小泉純一郎元首相が進めた郵政民営化による郵政5分社化について、「純ちゃんが神戸の少年じゃないけれど、切り刻むのが趣味じゃなかったんだろうけれど、切り刻んだ」と発言したことが明らかになった。

社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発(産経新聞)
<成人式妨害>騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田(毎日新聞)
<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
【郵便不正事件】弁護側冒頭陳述要旨(産経新聞)
<iPS細胞>米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得(毎日新聞)
posted by マツカワ コウイチ at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。